イベントレポート:ギャラリー・ディナー 2023

ラ・ビスボッチャは2023年11月12日(日)、豊かな人生の創造を目指す美容医療機関「アフロード・クリニック」とコラボレーションして、美術と美食をテーマにしたイベント「ギャラリー・ディナー」を開催しました。

ビスボッチャの店内に、コンテンポラリーアートをギャラリーのように展示して即売。参加者は作品の鑑賞や商談、イタリアンのフルコースを楽しみました。イベントの模様をお伝えします。

監修/料理長・井上裕基

写真・文/ライター 織田城司
Supervised by Yuuki Inoue    
Photo・Text  by George Oda

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

1.イベントの概要

美術と美食

イベントの主催者:「アフロード・クリニック」と「ラ・ビスボッチャ」の共催

テーマ:美術と美食で深まる秋

場所:東京広尾「リストランテ ラ・ビスボッチャ」

開催日時:2023年11月12日(日)

17:00 開店

18:00 コース料理一斉スタート

22:00 閉店

〈運営〉

ビスボッチャの店内にギャラリー数社がアート作品を持ち込み、設営と商談を行う。

参加者には、出品作一覧と価格を表示したリストを配布。

参加者には、コース料理のメニュー表を配布。

食事はイタリアンのフルコース。一斉スタートでフリードリンク付き。

会食は立食ではなく、ホールスタッフに案内された席に着席し、一人ずつに料理が提供されるスタイル。

参加者はコース料理の合間に中座して、作品の選定、商談などのために回遊することができる。

展示作品の撮影は可能。手で触れることは不可。

コース料理の合間に、関係者の挨拶や、作品の解説をするギャラリートークが盛り込まれた。

2.店内のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのメインダイニング イベント用のレイアウト

ビスボッチャのサローネ イベント用のレイアウト

ビスボッチャのサローネ イベント用のレイアウト

ビスボッチャのサローネ 鑑賞と商談のイメージ

3.展示作品

KOUHEI FUKUSHIMAさんの作品(Acrylic texture medium)

KOUHEI FUKUSHIMAさんの作品(Acrylic texture medium)

UCHIDA MONKYさんの作品(Acryl on canvas)

UCHIDA MONKYさんの作品(Acryl on canvas)

UCHIDA MONKYさんの作品 部分(Acryl on canvas)

NFTプロジェクト「遊戯苑」の作品(aluminum plate printing +NFT Art)

NEURONOAさんの作品「GRACE」(Acrylic Paint, Mixed media on Canvas)

NEURONOAさんの作品「GRACE」部分(Acrylic Paint, Mixed media on Canvas)

Kaz Oomoriさんの作品(NFT Data)

HELEN SHEさんの作品(Oil Acril on canvas)

J.Luさんの作品(Oil Acril on canvas ※With NFT Certificate)

RAMZIさんの作品(Oil Acril on linen ※With NFT Certificate)

奥直子さんの作品「”対岸 − 果敢無いショートブレイク −”より 鵺」(ceramics)

奥直子さんの作品「”対岸 − 果敢無いショートブレイク −”より 鵺」(ceramics)

ノグチミエコさんの作品「10のX乗M WHERE ARE YOU?」(glass)

市川透さんの作品(ceramics )

今村能章さんの作品(ceramics ) エスプレッソカップは革ケース付き

中村弘峰さんの作品「追憶の呉爾羅」(ceramics) ゴジラ生誕70周年記念 東宝公式コラボ作品

4.ディナーのコースメニュー

ビスボッチャのオープンキッチン 冷前菜の準備

⚫︎冷前菜

冷前菜のプレート 左からブラータチーズと旬のフルーツ、寒サワラの炙りカルパッチョ、40ヶ月熟成のハモンイベリコベジョータ

⚫︎温前菜

水ダコとジャガイモの温製サラダ

⚫︎パスタ

キャビアとハマグリの冷製カペッリーニ

ラビオローネ  “A”live “fro”m “de”ath

白トリュフのタヤリン

⚫︎メイン

アイルランド産ヘアフォード牛とラムの炭火焼き(4人前)

⚫︎デザート

ティラミス

5.まとめ

会食の席で挨拶をする「アフロード・クリニック」の代表 道下将太郎さん

アートに情熱を持つ人

会食の冒頭、挨拶に登壇した「アフロード・クリニック」の代表・道下将太郎さんは「アートのイベントは何度か開催したが、食が共なわなかった。そこで今回は、創業以来30年間通い続けているイタリアンレストラン、ラ・ビスボッチャとコラボしました」と語りました。

一般的には、ギャラリーの展覧会に先がけ、関係者を招いた、お披露目と懇親会を兼ねたレセプションが開かれると、飲食の提供は立食で、シャンパンやソフトドリンク、軽めのオードブルが振る舞われ、参加者はその後、食事のために街に散ることが多い。

そんな参加者の有志をビスボッチャに集め、会費制の食事会を開き、なおかつ同じ場所でアート作品の展示即売も行う。時系列や場所を自由な発想で組み替えた、新たな試みが今回のイベントです。

そのなかの、フルコースの会食は、着席が基本になるけれど、イタリアンのカジュアルな柔軟性から、料理の合間に中座して気軽に回遊できる雰囲気がある。アート作品の展示と食事の場が一体のため、参加者は食事をしながら、気になるアート作品を何度も見直しながら商談することができました。

着席と立食が融合するムードのなかで、参加者は、相席の参加者と名刺やSNSアドレスを交換して、異業種の人々と多様な交流を楽しみました。

コース料理は、イタリア産の白トリュフや、アイルランド産のビーフなど、ひとくちで味と香りのちがいわかる高級食材や、アクション・ペインティング風の盛り付けがあり、アート作品が響きあう空間とリンクし、イベントの気分を高めました。

アート作品の商談は、自動車ほどの高額品や、大きな絵画など、多くの作品に売約マークがつき、活況のうちに閉会しました。

アートを堪能する一方で、その広がりは、アートの専門家だけでなく、クリニックやレストランなど、アートに情熱を持つ人が支えていることを感じました。